医院案内

  • TOP  > 
  • 医院案内

当院の特徴

患者様にとっての最適な医療を常に心がけ、人間味あふれ、患者様との信頼の上に立った医療を目指しています。
明るく信頼できるスタッフ一同、気軽に何でも相談できる体制に常に気を配っております。
どうぞ、末永くよろしくお願いします。
歯とお口の健康パートナーとして、お気軽にご利用ください。

院長 岩田 康一
イワタ コウイチ

院長 岩田 康一

経歴

昭和50年 東京歯科大学 卒業
同年 千葉大学医学部付属病院 歯科口腔外科 入局
昭和57年6月 岩田歯科医院 開院

スタッフ紹介

スタッフ

診療科目

  • 一般歯科
  • 通常、皆様が歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を「一般歯科」と考えていただいて良いと思います。
    いつまでもご自身の歯でお食事を楽しめるよう、当院では悪い歯の早期発見、早期治療はもちろんのこと、患者様のお口の健康に努め、ご理解・ご協力を得ながら、かかりつけ歯科医として、信頼される歯科医療を目指していきたいと考えています。
  • 入れ歯(義歯)
  • 入れ歯(義歯)とは、虫歯や歯周病などにより自分の歯を失った場合にその部位を人工的な材料で補う治療法の一つです。
    例外はありますが、一般に多数にわたる歯を失った場合に用いられる治療法です。
    入れ歯の目的は、天然の歯を失ったことによる機能の回復(噛むこと・飲み込むこと・話すこと)と、外観(見た目)の回復です。

    金属床義歯について
    金属床義歯とは、義歯床が金属でできている入れ歯です。 義歯床を金属にすることにより入れ歯を薄くできるので、保険のものよりも話しやすく、違和感が少ない総入れ歯を作りやすくなります。 ただし金属床義歯は修理が難しく、非常に高価です。保険の入れ歯ではどうしても満足できないという方は、担当歯科医師とご相談していただければと思います。
  • 小児歯科
  • 「子供の歯はいずれ永久歯に生え変わるから、虫歯のまま放っておいても大丈夫」なんて思っていませんか?
    子供の虫歯は、子供の将来の生活に大きく影響します。乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく関係しています。
    乳歯はどうせ生え変わるものというのは間違いです。子供の正常な成長発育には欠かせないものです。

    小児矯正
    小児矯正とは、子供の時期に行う矯正治療のことです。
    歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことで、より理想的な治療を行うことが出来る場合があります。
    その理由は、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので、歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長の途中なので、ある程度顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。
  • 審美歯科
  • 審美歯科とは、見た目にも美しい口元を実現する、総合的な歯科医療のことを言います。
    また、歯並びや歯の色にコンプレックスを持っている方に自信を持って素敵な笑顔になっていただく治療でもあります。
    当院では、ホワイトニングや白い詰め物、かぶせ物など豊富に対応しております。
    ぜひ、一度ご相談ください。
  • インプラント
  • インプラントとは、失ってしまった自分の歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。 失った歯を補う方法として、入れ歯やブリッジ治療がございますが、グラグラする、健康な歯を削らなければならないというデメリットがございます。インプラントはしっかりと顎に固定されるため、自分の歯と同じような感覚で会話や食事を楽しめるようになります。